他の和楽器教室と違っているところは?

敷居が低く、形にとらわれない。伝統芸能の継承を重視しながら、和を軸にした横のつながりが強い。

新しい発想と、活動の柔軟性がある。

いろいろな方面で活動し、さらに活動のフィールドを広げていこうとするバイタリティ。

他の団体はよく存じませんが、和奏伎の中で、三味線のみならず、太鼓や笛、着付けや落語まで習える、他にはなかなかないのではないでしょうか。

プロの噺家さんの下座をやらせていただける機会があるのも和奏伎ならでは。 他にも独自のお囃子をお持ちの会もありますが、私がもし今から入るとしたら和奏伎を選ぶと思います。

ネットから譜面や師匠のお手本を手に入れることが出来るなど、ネット媒体を駆使している。

三味線以外の世界の方々と演奏会や行事を通して知り合うことができ、予想していた以上に楽しい経験をさせていただいています。

年齢層が若い。

ご相談・お問い合わせボタン