会員の声

和奏伎で輝く人

藤本摂浩福さん

 
 

クリックすると拡大します。

落語がきっかけで三味線を始めました

 私が三味線を始めようと思ったきっかけは、落語を聞くようになったからです。最初は落語をやりたいと思い独学で始めましたが、やればやるほど自分には向いていないと思い始め壁にぶつかる日が続きました。落語は諦めようと決めたけれど、だったらお囃子で落語に関わっていたいと考えました。
 そうだ‼︎三味線を習おう!とネットで検索したところ、最初に見つけたのが和奏伎の教室でした。
 ひとまず見学にと伺ったところ、教えてくださる師匠が落語をされてて、何かの縁かと思い和奏伎に決めようと思いました。入ってしばらくして繁昌亭近くに新しく教室を立ち上げる事になり第一号の生徒としてお稽古が始まりました。
 そこは民謡が中心でしたが、しばらくして、お囃子教室も開講され、そこでは出囃子中心にお稽古をつけていただいています。
 

落語会や太神楽曲芸に出演

 それなりの年数がたち、最近では社会人落語会や太神楽曲芸などの下座などをやらせていただけるようになり、週末は色んなイベントに参加させていただいています。
 いつか三味線でギャラをいただけるようになるのが私の夢です。
 師匠がよく言われます。100回の稽古より1回の舞台。この言葉を証明出来るよう場数を稼ぎ精進していきます。 忙しい日々ですが三味線を始めたおかげで充実した毎日です。

駒田永馨さん

クリックすると拡大します。

 

金属アレルギーを発症しフルートから尺八へ

 自己紹介の場などで「尺八で民謡の伴奏したりしています」というと大抵の場合「女性なのに尺八演奏とは意外ですね」と言われるのですが、こういうコメントが、私はとても楽しいです。
 私にとっては楽器との出逢いも、演奏のジャンルやシーンも、すべてが意外性の組み合わせで、和奏伎にいるととにかく面白くて飽きません。
フルートから篠笛、そして尺八に転向し准師範資格をとるまで頑張るとは自分でも全く予想外でした。
 学生の頃は吹奏楽でフルートを吹いていたのですが社会人になって環境が変わったこと、金属アレルギーを発症したため楽器を扱いにくくなったことで、音楽からすっかり遠ざかっていました。
 和楽器はどうだろう、同じ横笛だしとっつきやすいかも?と、篠笛に興味が湧き、当初は和奏伎篠笛教室に参加しました。
 

和奏伎尺八教室を新設

 講師が都山流の先生で、尺八も良いなあとそのまま都山流に入門しやがて「和奏伎尺八教室」の新設に至りました。
 和奏伎の活動は本当に独特で、「このジャンルに属してるからこの曲をこの形式で!」という風に活動範囲を限定してしまわない柔軟性がすばらしいなと思います。尺八で落語の出囃子を吹いたりするのはうちだけではないでしょうか。
 音楽活動というと、今までのメインの目的は「演奏を楽しむ」という、自分を高めるという面が大きかったですが、和奏伎で活動を始めて「いかに楽しんでもらうか」に力を入れるようになった今は、芸人魂が生まれたようで、人と会う自体が以前より楽しくなったと思います。
 曲のジャンルも技術も、「できることが増える」というのは人を楽しませる幅が増えるということだし、次は何ができるかな、とわくわくする気持ちを大切にお稽古に励んでいきたいと思います。
 

 

先輩会員に聞いてみました (三味線教室)

会員のアンケート結果(三味線教室)

三味線教室の年齢構成

年齢構成
平成26年11月現在

三味線教室の男女比

男女比
平成26年11月現在

入会前の三味線経験

男女比
平成26年11月現在(アンケート結果より)

三味線を習って良かったことは?

(複数回答あり)
三味線を習って良かったことは?
平成26年11月現在(アンケート結果より)
ご相談・お問い合わせボタン