三味線教室

和奏伎三味線教室では、各教室で上方三味線の稽古を行っています。
安土桃山時代、琉球(現在の沖縄)の楽器、三線(さんしん)が大坂(現在の大阪)に伝来しました。その三線が琵琶法師によって改良され、日本固有の伝統楽器、三味線が生まれました。
三味線は、上方(大坂や京都)で発展し、やがて江戸へ下り全国に広まっていきました。津軽三味線など地方で発展した三味線とは音色も奏法も異なることから、最も伝統的な三味線の呼称として「上方三味線」を用いています。

3つの不安要素
3つの不安要素
 
 
 
不安な様子の女性
大阪の三味線 教室といえば「和奏伎」
和奏伎の三味線教室なら
毎月数人の新規入会者がいる教室なので初心者の仲間が多いから安心!
最初の数ヶ月は個人レッスンなので自分の都合に合わせられる。その後は月2回のレッスンを6日の候補日から選べる。
会員の年齢層は30代~40代が中心(女性比率約80%)
安心している女性
 
3つのアクション
 
 
 
 
お問合せ無料体験申し込み

講師紹介

  

藤本流師範 藤本秀摂浩

4歳から民謡を始め、8歳で藤本秀摂氏に師事。
12歳で秀摂浩を拝受し、23歳で師範となる。
 
20年以上で200人を超える生徒を指導。
その中から8人の講師資格者を育成している。
 
 

代表作品

 榮倉奈々さんは藤本流の準師範

 女優の榮倉奈々さんは小学生から私たちと同じ藤本流の三味線を習っていて、準師範の資格を持っているほどの腕前です。


映画「余命一ヶ月の花嫁」のシーンや
嵐の宿題くん」というテレビ番組で三味線を披露されています。

  商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 
 
 
お問合せ無料体験申し込み

三味線の無料体験

参加者の声

 

お気軽にお申し込みください

「一度もやったことありません」
「まったくの素人です」
「未経験でも大丈夫ですか?」

こんなお問い合わせをよく頂きますが
大丈夫です!
皆さん和楽器やお作法について何も知識がない方ばかりです。

もちろん洋服でかまいません。 

 
 
お問合せ無料体験申し込み
よくある質問
レッスンは月何回ですか?の回答
楽器は買わないといけませんか?の回答
会費はいくらですか? の回答
発表会にでないといけませんか? の回答

無料体験の場所


大阪市北区天神橋1丁目19-16 前川ビル2F
地下鉄 (堺筋線・谷町線)南森町駅(出口:4-B)より徒歩5分 
JR東西線 大阪天満宮駅(出口:③)より徒歩5分

無料体験ができる時間帯

 
21時以降でも可能です(ご相談ください)
コチラからご確認ください
21時以降でも可能です(ご相談ください)
お問合せ無料体験申し込み
三味線を始めたいけど不安だな
ご相談・お問い合わせボタン